「蓮花」渡辺 省亭 筆 絹本 共箱 

画家

渡辺 省亭(わたなべ せいてい)

価格

売却済

略歴

1851年—1918年
東京生まれ。旧姓吉川、名は義復、良助。菊池容斎に師事。
1877年、第1回内国勧業博覧会で受賞。
翌年、銅牌を受賞したパリ万国博覧会の見学のため渡仏、西洋美術に触れて帰国
後、和洋を融合した新しい感覚による華麗な作風を開花した。
花鳥画を得意とし、その洒脱な作品は国内外の博覧会で高い評価を得た。

サイズ

総丈 縦173.5cm 横26cm
画寸 縦92cm 横22cm

状態

本紙に少しシミがあります。

縦長の画面の上部に、墨と少しの顔彩で簡潔な筆致ながらも大胆に描かれた蓮の花。
墨の濃淡やかすれた筆使いで、朧げな湖面に浮かぶ蓮を見事に表現しています。