狩野伊川院栄信「嵐山」 紙本 箱有

■ 画家
狩野 伊川院 栄信(かのう いせんいん ながのぶ)

■ 価格
110,000円(税抜)

■ 略歴
1775(安永4年)−1828(文政11年)
江戸後期の画家。養川院惟信(ようせんいんこれのぶ)の子。
名は玄賞斎。絵を父に学ぶ。
近世狩野派の名手。水墨に金泥を施す技法に特色を発揮する。
茶道をよくし、松平不昧の恩顧を受ける。
1803(享和2)年、法橋となり、伊川院と号す。
1816(文化13)年、法印に叙せられる。

■ サイズ 
総丈 縦160cm 横31cm
画寸 縦92.5cm 横28.5cm


■ 状態
美品です。


墨の濃淡で描かれた嵐山。
遠景の山々は薄墨で描き表され、湿潤な筆致で余白の広がりを効果的に構成されています。
目を凝らすと、手前には胡粉の白で桜が点描されているという簡潔な筆遣いながらも巧みな表現力。
筏流しの船頭がゆっくりと通り過ぎ、穏やかな春のときが流れます。