狩野伊川院栄信「薫香図」 紙本 箱有

■ 画家
狩野 伊川院 栄信(かのう いせんいん ながのぶ)

■ 価格
120,000円(税抜)

■ 略歴
1775年~1828年
江戸後期の画家。養川院惟信(ようせんいんこれのぶ)の子。
名は玄賞斎。絵を父に学ぶ。
近世狩野派の名手。水墨に金泥を施す技法に特色を発揮する。
茶道をよくし、松平不昧の恩顧を受ける。
1803(享和2)年、法橋となり、伊川院と号す。
1816(文化13)年、法印に叙せられる。

■ サイズ 
総丈 縦177.5cm 横27cm
画寸 縦84.5cm 横25cm


■ 状態
美品です。


朱色の高足台に乗せた香炉から立ち上る香煙。目を凝らしてみると煙の中に一匹の金色の龍がいます。
墨で揺らめく煙を描き、更に水分をたっぷりと含ませた筆を重ね、立体感を見事に描き表しています。
舞い上がり消えてゆく薫香の中に、きらめく龍。小宇宙の世界が広がる一幅です。