田能村直入筆「山水図」紙本 箱有

■ 画家
田能村 直入(たのむら ちょくにゅう)

■ 価格
40,000円(税抜)

■ 略歴
1814年―1907年
豊後(大分県)竹田生まれ。旧姓三宮名は伝太(松太とも)、のち癡(嶷とも)、字は顧絶。
初め小虎と号し、忘斎、幽谷斎、竹翁、布袋庵、飲茶庵主人など多くの号を持つ。
田能村竹田に学び、その才能を認められ養嗣子となる。
京都府画学校の設立を陳情、開港後は初代校長を勤めた。
また、自邸に南宗画学校を開設、日本南画協会の結成に参加など、京都画壇の中心にあって活躍した。

■ サイズ 
総丈 縦119.3cm 横33.9cm
画寸 縦16cm 横23.5cm


■ 状態
本紙にシミあり。


簡潔な筆致で山、樹木、橋、家屋が描かれています。
酒席での余興で描かれたものでしょうか、筆にためらいがなく勢いよく描かれ、観ているうちに楽しくなってくる作品です。
添えられた賛は「春風扇暖」。
暖かい春風に山々の木々も川面にも春が来た喜びが溢れているようです。